売り上げと利益

社会に出ることなく、会社経営のパパさんの元に嫁いだ主婦起業家のヤマダマヤ♪です、こんにちは(´∀`)

一応、就職活動もしましたよ、大手3社!!

見事に落ちましたが(笑)

バブルが弾けてすぐの就活で、誰も彼もが苦戦してましたね💦

 

パパさんとの結婚が決まっていたので、大学卒業後はアルバイトで塾の講師をしていました。

結局、就職することなく、玉の輿に乗って安泰な人生を送る予定だったんですけど・・・

 

 

と言うことで、私は社会に出たことがありません。

自分が頑張ってるうちに、起業して、主婦起業家になってました。

 

なので、中国輸入を始めた時に、売り上げやら利益やら利益率、粗利、仕入れ値?国際送料???手数料?????

数字に弱かったので、この辺に慣れるまでも時間が掛かりましたよ^^;

 

 

電話相談でたまに聞かれるのが、売り上げと利益の違い。

売り上げとは、例えば、2000円で売ってるモノが売れた時、売り上げは2000円です。

でも、本当に大切なのは、売り上げの数字ではなく、利益額です。

 

2000円で売れた商品の仕入れ値が800円で販売手数料が500円、ってことは、粗利ですが利益額は700円。

この700円の方が大切なんです。

売り上げはそれほど大切ではありません。

大切なのは、利益額、そして利益率

 

 

例えば、売り上げ100万円!って言っていても利益率が20%の場合、手元に残こる利益はたった20万円です。

売り上げが60万円、でも利益率が50%の場合は手元に残るのは30万円。

どちらが上手く販売しているか?

 

なので、私は利益率にこだわって中国輸入に取り組んで来ました。

 

 

薄利多売って聞いたことがあると思いますが、これは利益率よりも回転率を重視した販売方法になります。

利益率は低いけど、めちゃくちゃ沢山の数が売れる。

回転がいい=回転率がいいんです。

そういう商品も実はあります。

 

結局は、扱っている商品ごとに戦略が違うってことです(私の場合です)。

でも、月の売り上げの総計を見ると、利益率は50%を超えてるのが私のノウハウになります。

 

 

売り上げの数字ではなく、利益率、利益額に注目してくださいね(o^-‘)b

利益率については、こちらのページを参考にして下さい。

 

こう言うと、全ての商品の利益率を上げたくなりますが、そうではないんです(笑)

利益は少ないけど、この価格なら絶対に売れる、って商品もあるんです。

その場合は、回転率重視で取り扱ったらいいと思いますよ^^

 

 

手始めにメルカリで中国輸入に挑戦したい方へ「初めてのメルカリガイド」を無料で配布しています!

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

友だち追加数
LINEのお友達追加で特典進呈中!



応援クリックありがとうございます!励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

インターネット超初心者の方でも、家にいながら子育て・家事もこなして稼ぎたい皆さまを心より応援しています♪