時間、経験で分かってくること

三連休は家族で月一恒例の山のお家に遊びに来ている主婦起業家®のヤマダマヤ♪です、こんにちは!

車道の雪は溶けてるけど、子供が遊ぶには十分の雪がありました。

早速、小4次女がかまくらを作りましたよ

毎回、お気に入りのぬいぐるみを私に隠して連れて来てます(笑)

次女は空想や創造が大好きなので、そこを伸ばしてあげたいと思ってます

 

さて、金曜ロードショーでスタジオジブリの《耳をすませば》を放映してましたね!

私はこの原作者の柊あおいさんが大好きで、

少女漫画雑誌リボンでは、《星の瞳のシルエット》を毎月楽しみにしてたんです。

すすきの原の男の子が神秘的で幼心にドキドキしてました

 

この《耳をすませば》もリボンの連載で読んでたんですが、

あの頃は正直、ふーーーんって思ったんですよ(笑)

何も響かなかったし、なんか普通の話だな~、くらいでした。

(めちゃ失礼!

 

でも、今回改めて見てみると、思春期、多感期の恋愛と夢や希望が詰まった素敵なストーリーだな、と実感しました。

設定が中学3年生、図書カードは今はバーコード管理、この2点は気になりましたが(笑)、

お医者さんの息子の聖司がバイオリン職人になる夢と雫への想いの両方を諦めない姿勢に惚れてまいましたー

雫も夢を追いかける聖司を見て、憧れを抱くも焦燥感で悲しくなったり。

けど、気付くんですよね、「書いてみたらいい!やってみたらいいじゃん!」って。

 

今はしっくりこなかったり、理解が出来ないことでも、時を経て、経験を経て、

「あ、あの時分からなかったけど、そう言うことだったんだ!」

って時間が掛かっても分かることってあるんだな~、と教えてくれる物語でした。

 

自分の目標にリミットを掛けずに、ただひたすら頑張ること、

焦燥感は苦しいけど、実際に「やってみる」と言うことで焦燥感を原動力に変えて

自分の夢への一歩を踏み出すことが出来たこと。

 

あなたも思考が凝り固まってしまってませんか?

「小さい子がいて何も出来ないし。」

「今さら新しいことに挑戦出来ないし。」

そんな風に思って行動起こせないのは実に勿体ないですよ!

 

思考を柔軟にして、

「小さい子がいても出来ることはないかな?」

「ワクワクする新しいことはないかな~」

とポジティブに捉えてみると、今年一年は違ったものになると思います

 

フリマアプリオンラインスクールは今月20日正式募集致します!

先行募集でお申し込みの方には、某出版社さまの為に書き下ろした《フリマアプリの始め方(非売品)》をプレゼント

募集は、メルマガ、LINE@のみで行うので、無料登録がまだの方はこちらから

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

友だち追加数
LINEのお友達追加で特典進呈中!



応援クリックありがとうございます!励みになります!

にほんブログ村 にほんブログ村へ

インターネット超初心者の方でも、家にいながら子育て・家事もこなして稼ぎたい皆さまを心より応援しています♪